ミッドパシフィック・インスティチュートの4年生は医学ジャーナルに共同論文を発表しました

ある代表的な生徒が座って夕食を食べている時、いつもの話題は「今日は学校で何をしましたか?」となっています。これはミッドパシフィック・インスティチュートからきた四年生のオリビア・アン・コロス氏にとって、たしかにそうなっていますが、彼女は医者である両親との会話が「今日は何を見つけましたか?」、あるいは「何名か命を救いましたか?」となっているかもしれません。

オリビアはご両親が両方ともが多世代が医者の家庭に生まれました。彼女はスポーツ競技に参加し、且つ、国際学士号(IB)のすべての教育課程を履修しながら、余暇の間に、父親のタルカン・k・コリス(Tarquin K. Collis)博士(kaiser moanaluaの伝染病専門家)の研究活動を手伝っていました。彼女の母親のキャサリン・W・キンシエ(Katherine W. Kingsley)氏は、医学博士でカイザー(kaiser)病院の内科先生です。キャサリン氏は、ご家族の中の第3世代の医師で、コーネル大学で勉強した時、タルカン氏に出会いました。)

「彼女(オリビア)はとても面白い子で、彼女はたくさんのことができます」、また、「病院で非常に手伝いました。僕は家族で第6代目の医者の一人でありますが、僕の娘は第7代目になるかもしれません!」とタッカー・コリス氏はおっしゃいました。

「両親と彼らの仕事について話し合うことが好きです」、また、「これは私の成長過程でした。特に、今年は生物学に興味を持ち始めましたので、これ以上に理解できました。」とオリビアが言いました。当然、オリビアは優秀な大学に合格したいです。さらに、オリビアは「私は本当に医者になりたい、或いは雑誌や新聞のライターや編集者になりたいです。」といいました。彼女は創作への愛情と医学への興味で、彼女はカイザー(kaiser)で父親に手伝っていくつかの研究を完成させました。彼女はこの一年間にカイザー(kaiser)でがんの研究をしていました。「彼は医者の研究事例を発表するカイザー(kaiser)研究座談会を教えてくれました。また、一つの事例が教えられまして、このイベントのためにポスターを一緒に作りました。」とオリビアはこう言いました。

「私の父は感染症の医者で、いつも病症実績を私に教えてくれました。とても面白いです。」と彼女は言いました。また、彼女は「もしも、あなたがどんな伝染病に感染されましたら、彼は相談の医者です。」といいました。

彼女は『ハワイ医学と公衆衛生雑誌』(2017年8月号)に寄稿しました。その一部を彼女に書かれたもので、「一部の内容は私の専門レベルに超えて、多くの内容は医者しかかけないものでありますが、私は精一杯で頑張りました。」彼女が言いました。

2016年以来、彼女はカルテ作りに手伝いました。病院の過去の記録を調べて、c型肝炎と肝臓がん患者のデータベースを作り上げました。基本的には、彼女の目標は数百の記録を閲覧することにより、関連性を探ることです。

彼女は卵巣がんが診断された女性の研究事例を語りました。患者の初級医師はしこりにシミを見つけました。「その時、私の父親が診察させるように頼みました」と「彼らはガン細胞の液体サンプルをとって分析しましたが、結核検査は陽性になっていました。」と彼女が言いました。彼女は、面白いことがCA125値は卵巣癌、或いは結核患者の体内に上がる可能性があると指摘しました。

最も重要なのは患者がまだ生きていることであり、明らかで、新しい診断結果の発表に伴い、彼の病状が改善されました。「彼女は36歳の女性で、自分が死にそうだと思っていますが、徐々に回復してきました」。

「結果的にこれは稀な結核症で、いろいろなところでがんによく似ています。」、また、「当初、彼女は自分がまもなく死ぬと思い込んで、遺言を書いているところでしたが、まだ治療に間に合うとうれしく伝えました。今は彼女の身体でほとんど結核菌がなくなりました。」とタッカー・コリス先生はおっしゃいました。

「生物の研究は非常に面白い」、また、「生物を学ぶ時、人間の体はいかに働くことを勉強して、私にとってはとてもカッコいいことです。当たり前のことだと思われますが、神経元がどのように動くのか、細胞がどのように動くのか、さらに、ウィルスがどのようにひろがるのかを知れば知るほど、永遠に終わることがないです」とオリビアが言いました。

「事例研究の発表はすばらしいものです。私ほどの生徒がどのようにその中の一員になったのか?私にはぜんぜんわかりませんでした。父親はいつも私に新しい病歴を言ってくれまして、彼と私、そして妹のソフィー(現在、大学で生物学と医学の予備校)は三人協力で完成できる」とオリビアが言いました。

オリビアの両親は健康に重視しており、晩御飯のとき、いつもたくさんのサラダと果物を用意して、随時にソフトソープも用意しています。「私の父親は医者で、私に学校で一所懸命に頑張れるように影響を与えてくれます。」と彼女が言いました。「彼らは高校と大学の時、夢に向かって必死に頑張っていました。これは、何もかもチャレンジしようと私に励ました。」と彼女はさらに言いました

彼女は一番好きな科目が英語、生物とスペイン語です。オリビアは自分がIBのクラスメートが大好きだといいました。「コースは挑戦的、且つ厳しいですが、新しい友達に出会って、さらに、私を追い越そうと人たちと一緒に勉強することができます。これはとてもいい環境で、もっと自分自身より立派になるのに役立ちます。」とオリビアがこう言いました。

彼女は中太平洋学院での勉強が一般コースからダブルコース、さらに、全IBコースに変わるのを含め、いろいろな挑戦に直面すると言及します。「コースはさらに難しくなり、クラスメートの皆は私より頭が良さそうです。私は3年生からずっとここにいましたので、ほとんど私の家のようなものであります。第1四半期の後、私はすでに慣れまして、自分の選択にうれしく存じます。」

「中太平洋で最高な友人に出会いました。」と彼女が言いました。「私はここの社会団体の考え方スが好きです。一人一人をよくわからないですが、大勢の人たちは教室で交流することができるのを知っています。一番好きのはここは非常に包容的なコミュニティであります。学生からみってここは社会的な階層がなく、安全なコミュニティで、最高です。」と彼女がさらに言いました。

中太平洋学院はやかましい質問を出そう、あらゆるの可能性を求めようと生徒に希望しています。オリビアは人体の複雑性に関して実に驚きましたといいました。彼女はほかのクラスメートに伝言は何だと思いますか?「休まず、いつも探求しましょう!」