どこでどのようにビザを申請しますか?

外国人は、米国へ勉強に行きたければ、先ずビザを貰うこと。一時渡航者用非移民ビザ又は永住移民ビザが必要です。米国へ勉強したければ、学生ビザを取る必要があります。詳細内容は米政府ウェブサイトをご参考ください。https://travel.state.gov/content/visas/en/study-exchange/student.html.


非移民ビザの申請によく覚えておきたい10点の内容

祖国との結びつき

米法律によりますと、移民傾向がないことを査証官に納得させる前、非移民ビザを申請するすべての申請者が移民しようとすると見なされます。そのため、祖国に帰国する理由を必ず証明し、これらの理由は米に滞在原因よりもっと説得力があること。

祖国との「絆」、即ち故郷、祖国又は現住地との個人的所属関係は、仕事、家庭、所有又は相続可能の財産、投資等を含みます。高卒学生であれば、面接官は将来の就職、家庭又はその他の関係、教育目的、成績、長期的計画及び祖国での就職計画などについて特別に聞きます。もちろん、それぞれの人は情況が違うので、ビザを必ず取れる統一の解釈や書類、証明又は手紙はありません。

自分のスポークスマンにしましょう

米法律によりますと、移民傾向がないことを査証官に納得させる前、非移民ビザを申請するすべての申請者が移民しようとすると見なされます。そのため、祖国に帰国する理由を必ず証明し、これらの理由は米に滞在原因よりもっと説得力があること。

祖国との「絆」、即ち故郷、祖国又は現住地との個人的所属関係は、仕事、家庭、所有又は相続可能の財産、投資等を含みます。高卒学生であれば、面接官は将来の就職、家庭又はその他の関係、教育目的、成績、長期的計画及び祖国での就職計画などについて特別に聞きます。もちろん、それぞれの人は情況が違うので、ビザを必ず取れる統一の解釈や書類、証明又は手紙はありません。

プロジェクトを了解し、自分の職業計画にどんなヘルプがあるかが分かる必要があります

米法律によりますと、移民傾向がないことを査証官に納得させる前、非移民ビザを申請するすべての申請者が移民しようとすると見なされます。そのため、祖国に帰国する理由を必ず証明し、これらの理由は米に滞在原因よりもっと説得力があること。

祖国との「絆」、即ち故郷、祖国又は現住地との個人的所属関係は、仕事、家庭、所有又は相続可能の財産、投資等を含みます。高卒学生であれば、面接官は将来の就職、家庭又はその他の関係、教育目的、成績、長期的計画及び祖国での就職計画などについて特別に聞きます。もちろん、それぞれの人は情況が違うので、ビザを必ず取れる統一の解釈や書類、証明又は手紙はありません。

英語

米法律によりますと、移民傾向がないことを査証官に納得させる前、非移民ビザを申請するすべての申請者が移民しようとすると見なされます。そのため、祖国に帰国する理由を必ず証明し、これらの理由は米に滞在原因よりもっと説得力があること。

祖国との「絆」、即ち故郷、祖国又は現住地との個人的所属関係は、仕事、家庭、所有又は相続可能の財産、投資等を含みます。高卒学生であれば、面接官は将来の就職、家庭又はその他の関係、教育目的、成績、長期的計画及び祖国での就職計画などについて特別に聞きます。もちろん、それぞれの人は情況が違うので、ビザを必ず取れる統一の解釈や書類、証明又は手紙はありません。

補充資料

米法律によりますと、移民傾向がないことを査証官に納得させる前、非移民ビザを申請するすべての申請者が移民しようとすると見なされます。そのため、祖国に帰国する理由を必ず証明し、これらの理由は米に滞在原因よりもっと説得力があること。

祖国との「絆」、即ち故郷、祖国又は現住地との個人的所属関係は、仕事、家庭、所有又は相続可能の財産、投資等を含みます。高卒学生であれば、面接官は将来の就職、家庭又はその他の関係、教育目的、成績、長期的計画及び祖国での就職計画などについて特別に聞きます。もちろん、それぞれの人は情況が違うので、ビザを必ず取れる統一の解釈や書類、証明又は手紙はありません。

簡潔にしてください

米法律によりますと、移民傾向がないことを査証官に納得させる前、非移民ビザを申請するすべての申請者が移民しようとすると見なされます。そのため、祖国に帰国する理由を必ず証明し、これらの理由は米に滞在原因よりもっと説得力があること。

祖国との「絆」、即ち故郷、祖国又は現住地との個人的所属関係は、仕事、家庭、所有又は相続可能の財産、投資等を含みます。高卒学生であれば、面接官は将来の就職、家庭又はその他の関係、教育目的、成績、長期的計画及び祖国での就職計画などについて特別に聞きます。もちろん、それぞれの人は情況が違うので、ビザを必ず取れる統一の解釈や書類、証明又は手紙はありません。

就職

米法律によりますと、移民傾向がないことを査証官に納得させる前、非移民ビザを申請するすべての申請者が移民しようとすると見なされます。そのため、祖国に帰国する理由を必ず証明し、これらの理由は米に滞在原因よりもっと説得力があること。

祖国との「絆」、即ち故郷、祖国又は現住地との個人的所属関係は、仕事、家庭、所有又は相続可能の財産、投資等を含みます。高卒学生であれば、面接官は将来の就職、家庭又はその他の関係、教育目的、成績、長期的計画及び祖国での就職計画などについて特別に聞きます。もちろん、それぞれの人は情況が違うので、ビザを必ず取れる統一の解釈や書類、証明又は手紙はありません。

すべての国家が平等であるわけではありません

米法律によりますと、移民傾向がないことを査証官に納得させる前、非移民ビザを申請するすべての申請者が移民しようとすると見なされます。そのため、祖国に帰国する理由を必ず証明し、これらの理由は米に滞在原因よりもっと説得力があること。

祖国との「絆」、即ち故郷、祖国又は現住地との個人的所属関係は、仕事、家庭、所有又は相続可能の財産、投資等を含みます。高卒学生であれば、面接官は将来の就職、家庭又はその他の関係、教育目的、成績、長期的計画及び祖国での就職計画などについて特別に聞きます。もちろん、それぞれの人は情況が違うので、ビザを必ず取れる統一の解釈や書類、証明又は手紙はありません。

積極的な態度を持ってください

米法律によりますと、移民傾向がないことを査証官に納得させる前、非移民ビザを申請するすべての申請者が移民しようとすると見なされます。そのため、祖国に帰国する理由を必ず証明し、これらの理由は米に滞在原因よりもっと説得力があること。

祖国との「絆」、即ち故郷、祖国又は現住地との個人的所属関係は、仕事、家庭、所有又は相続可能の財産、投資等を含みます。高卒学生であれば、面接官は将来の就職、家庭又はその他の関係、教育目的、成績、長期的計画及び祖国での就職計画などについて特別に聞きます。もちろん、それぞれの人は情況が違うので、ビザを必ず取れる統一の解釈や書類、証明又は手紙はありません。

独立を保ってください

米法律によりますと、移民傾向がないことを査証官に納得させる前、非移民ビザを申請するすべての申請者が移民しようとすると見なされます。そのため、祖国に帰国する理由を必ず証明し、これらの理由は米に滞在原因よりもっと説得力があること。

祖国との「絆」、即ち故郷、祖国又は現住地との個人的所属関係は、仕事、家庭、所有又は相続可能の財産、投資等を含みます。高卒学生であれば、面接官は将来の就職、家庭又はその他の関係、教育目的、成績、長期的計画及び祖国での就職計画などについて特別に聞きます。もちろん、それぞれの人は情況が違うので、ビザを必ず取れる統一の解釈や書類、証明又は手紙はありません。

知るべきこと

より多くこちらの事業体系についての情報、及びハワイが世界で一番よい教育になる原因を了解するのに、我々のパンフレットをダウンロードするだけでよい。パンフレットからハワイでの研究、ボランティア及び実習チャンスについての主要情報を見られて、これらのチャンスから本当の実践経験をくれて、将来のご職業キャリアにも助けられます。

パンフレットをダウンロードします

#StudyHawaii

早く行動
してください

詳細情報
STUDY IN HAWAII