ハワイ大学のマノア分校は、4年間卒業率が伸びに成功し、国の認可が得られました。公衆協会とLand-grant大学( APLU)は11月12日に、ワシントン特許区で行われた会議で、ハワイ大学のマノアフ分校に、2017年度のプロジェクト学位完成賞を授賞いたしました。

この賞は、革新的な策略やプロジェクトを使用して、学生の学校定着率と卒業率を増加させる機関に付与します。ハワイ大学のマノア分校が2007年に発議された提案で、学校の4年生卒業率は2010年から2016年までの間において、84%を増加させました。この期間中、全日制学生の卒業率は初めに17.5%から過去最高の32%に上昇いたしました。

「公立大学は学生の数を増やさせることに努力しており、これらの生徒たちは入学だけでなく、学業を終えなければならなく、また、大学教育による提供したすべての福利を受けます。」、また、「この10年間、ハワイ大学のマノア分校は卒業生の誘致、と卒業において極めて大きな進展を遂げた。我々は彼らの努力を表彰することができてうれしく存じます。他の大学は彼らの成功の中で経験を吸収することができます」とAPLU主席ピーター・マクファーソンは言っていました。

マクフォソン氏はマノアキャンパスを訪問し、大学のリーダー、学生、外部の株主と面会することを予定している。学校はイノベーションに力を入れることにより、学校定着率と卒業率の向上において、国家の率先者としての役割を果たすことを賛美します。

「全国最高と認められているのは、我々教師と指導チームが生徒たちの成功に集中して有効的な仕事をしたことに対して、きわめて肯定である。」、また、「学位の完成率はハワイの未来、かつ、生徒たち、及び彼らの家庭に島を越える希望と夢に寄与することに関して非常に重要であります」とハワイ大学のマノア分校の代理校長デビッド・ラスムナーは言っていました。

ハワイ大学のマノア分校は、学生の定着率と卒業生率を増やすための努力は10年余り前のことでした。2006年には、学部教育室が設立され、複数の部門の管理者と教師からなるチームは、生徒の成功に直面する障害を認識、且つ解決し始めました。同チームは、「生徒参加、学生の定着率および卒業計画」を制定、生徒の参加度と体験の質を高めることを中心に30余りの提案を出しました。

それらの提案は下記とおりになります:

  • オンライン学位審査システムを構築し、生徒に学術追跡をするように育成します
  • すべての生徒に対する強制的な建議をする学術政策を作り上げます。
  • 4年間の専攻計画を作成し、学生に明確な学位方向を明白します。
  • ハワイ大学のコミュニティ・カレッジには、生徒たちにマノア分校に入学できるようにサポートするためのカウンセリング室を設けます。

APLUがハワイ大学のマノア分校にプロジェクト学位完成賞を授与した主な原因には「生徒参加、学生の定着率と卒業計画」であります。同協会は、全米50州、コロンビア特区、4つのアメリカ領土、カナダ、メキシコの237のメンバーで、24箇所の大学システムと208箇所の大学を含めて、そのうちに、74箇所がアメリカのLand-grant機構となっています。