今年夏、ミッドパシフィック・インスティチュートとスタンフォード大学とのバーチャルリアリティーと人間対話実験室の合作の一部として、ビリーナポレオンの米国史の授業とロリシッチの技術探求の授業で、高校生たちが仮想現実(VR)の感情移入研究に参加しました。

「ミッドパシフィック・インスティチュートの浸透型テクノジープログラムはスタンフォード大学のバーチャルリアリティー及びインタラクション実験室(VHIL)の目標と同じです。」とミッドパシフィック・インスティチュートの校長先生ポール・ターンブルがおっしゃいました。「仮想環境におけるデジタルストーリーテリングで人間の体験を研究、且つ祝賀することは、我々が共通の関心事であります。仮想現実及び人間対話実験室は我々教育者にとても大切な研究項目を与えてくれました。」とミッドパシフィック・インスティチュートの校長先生ポール・ターンブルがさらにおっしゃいました

「将来、非ゲームVRで何百万人の学生に無限の教育アプリケーションを提供することを私が信じています。」とターンブル氏が続けて述べて、「ミッドパシフィック・インスティチュートで、生徒たちはVRを使用し、且つ創造する経験がありましたので、彼らをこのような人を感動させた業界のトップ位置に置かれることができます。」とターンブル氏がさらに述べました。

「私たちは、ミッドパシフィック・インスティチュートのような未来志向的な機関と協力することができて嬉しく存じます。」とスタンフォードのバーチャルリアリティー及びインタラクション実験室の責任者エリ・オグールが言いました。さらに、「我々の提携で、異なる年齢層、また異なる背景における人々に、新しい仮想現実( VR)技術を共有することができて、無価のものであります。今回の提携を通じて、VRについての心理学と行為効果、また、学習道具で使われた科学知識を高めることができます。」と言いました。

ミッドパシフィック・インスティチュートの生徒はスタンフォード大学の流浪に関したシミュレーションに参加しました。あそこでは、彼らは追い出される通知を届いたときから、帰る家がなくなった段階までの体験をしまいました。当研究の目的はVR模擬の影響と感情移入発展を確定することであります。

VR体験の一部として、生徒たちが何かの所有物を売って、請求金を支払うことが要求されました。それから、彼らは一連の事件に巻き込まれました。この一連の事件で彼らをカーに住ませて、一晩中バスに乗り続いて、他の帰る家のない乗客のストーリを聞きました。そのうち、虐待されて家に帰られなくなった一人の女性を含めました。

05160016.JPG

ミッドパシフィック・インスティチュートの教育ディレクターブライアング・ランセム氏は生徒のマヤワイスに、どのようにハンドルでスタンフォードのバーチャルリアリティーとインタラクション実験室(VR)における流浪体験をナビゲートすることを展示しています。

「もしも、今回の実感がなければ、暫くの間に私はこれらの問題について何も知らないです。いつも見たら咳払いふりをして、ほかのところを見てしまうことはよほど簡単だと思われますが、彼らは実に困っている人たちで、あなたの目の前で苦しんでいます。」とミッドパシフィック・インスティチュートの生徒へイリ・チョオイー氏が語りました。さらに、「今回のVR体験を通じて、あなたを帰る家のない人の立場、又、通常よけられた人の立場に置けるようになり、且つ、誰もあなたのことを同情してくれなかったら、あなたにとってむしろ難しくみえる。ですので、今回のVR体験はとても良かったです。」とへイリ・チョオイー氏語りました。

「彼らはVRのイヤホンを外したたびに、誰でもがホームレスになる可能性があると意識して、顔に驚くほどでした。」とミッドパシフィック・インスティチュート教育工学ディレクタであるブライアング・ランセム氏がこう言いました。彼は「私たちの子供たちが歩き出したのは、ホームレスが本当に不幸を経験した人だったことが、彼らがこのような境遇に置かれているからです。」とさらに言いました。

7月5日に、「ハワイの今日の新聞」の記者ショーンチン氏は、VRホームレス体験に参加していたローリージ・グッチ技術探索の夏コースの中太平洋の学生を取材し、イヤホンをつけて、ホームレスのシミュレーションを体験しました。「ハワイの今日の新聞」の完全な記事を調べます。

IMG_0165 2.JPG

ロリーニシグッチのテクノロジー探検コースの生徒はスタンフォードのバーチャルリアリティー及びインタラクション実験室VRホームレスの体験活動で微笑んで、「ハワイの今日の新聞」の記者ショーンチン及びクルーと、記念写真を撮りました。