Papahana Kuaolaの参加

先週の金曜日、シスター学院の三年生、予備四年生及び四年生はpapahana kuaolaを見学しました。この勉強を渇望する学生たちは環境の再建、lo’i patches及び釣りについてのことを勉強しました。papahana kuaolaはmalama ainaに基づいての勉強機関であり、この地域の過去及び未来の持続可能の発展は緊密につながっています

予備四年生はハワイ島に全年の勉強をしています。現在、主にハワイの地理及びahupuaの構造を勉強しています。予備四年級の先生はpapahana kuaolaのガイドが学生たちにahupuaの特別点を説明する、勉強の一番よい方法は自分が自然の中に感じると言いました。

学生たちは侵入種を一掃する活動に参加し、渓流の中で網を使って釣りを練習します。また1つの再建活動は、残骸掃除し、クック果を収集することであリます。クック果を集めることによって、使う方法を習得して、しかも二つの実を分けて持ち帰ってもできます。「すべての活動は、学生たちにどのように土地を尊重し、責任感を高めさせれるかになる」と言っています。

これらの学習体験及びチャンスはハワイが世界で本当の最も良い教室になっています!